まずはパンチラから

結論から申し上げます。

レイヤーとハメ撮りは可能です。

可能ですが、もの凄くしんどいので、コスプレ撮影を楽しめない方にはオススメできません!(僕には厳しく感じました)

まず金曜の夜、難波のスタジオに出向きました。

20代前半から半ばの女の子5人組です。

よく知らないゲームのコスプレで、全員男装です。

恐ろしいことに、翌朝8時まで、ずっと撮りっぱなしとのことでした。

オールで!とは聞いていましたが、まさか朝の8時までとは思っていませんでした。

女の子たちは勝手に盛り上がる感じで、非常に疎外された感じです(笑)

初めて会うオタク系女の子5人と、12時間以上一緒にいる苦痛、あなた理解できますか!?

彼女たちは別にカメラマンなんか気にしていないというか、写真が撮れたら誰でも良いという雰囲気でした。

でも一生懸命撮りました。

これがきっとハメ撮りに繋がるのです。

別れ際、彼女たち全員と、Lineを交換しました。

交換しましたが、ハメ撮りが出来そうな雰囲気ではありませんでした。

翌朝、仮眠を取って、今度は大国町のスタジオに向かいました。

今度は6人組です。

年齢層は最初と同じくらいでしょうか?

この数時間で、もう11人と会えてますから、月に30人なんてあっという間だと理解できました。

今度は有名な六つ子のコスプレです。

6時間コースです。

やっぱり今回も初対面の6人は、僕のことを空気みたいに扱います。

それでも徐々に仲良くはなれたのですが、ハメ撮りとはほど遠い雰囲気でした。

撮影が終わって、さすがに疲れ切った感じで、ネカフェで仮眠を取りました。

夕方からまた撮影です。

女の子を撮ってる訳ですが、もう楽しくもなんともありませんでした(笑)

次の撮影は3時間です。

3時間でも短いと感じました(笑)

申し訳ないけれど、スタジオ代は折半してくれという19歳でした。

アタリ。

この子は見た瞬間、これまでの11人とはレベルが違う感じでした。

スタジオ側のミスで、1時間待ちとなったので、近くの喫茶店で、打ち合わせを兼ねてお茶をしました。

ちょっとピアスが多すぎるかなと思いましたが、それを差し引いても美少女です。

彼女はコスプレというか、オリジナル衣装での撮影を希望しています。

スタジオも、さっきの大国町みたいに、他のレイヤーやカメラマンとシェアするものではなく、僕らだけの利用でした。

衣装は2着。

アニメっぽい制服とメイドさんっぽい服です。

自室で自撮りしている写真を見せてもらったのですが、制服はかなりのミニスカートでした。

ROMを出したいので、パンチラとか胸チラも撮ってほしいというか、それメインでの撮影をお願いしますと、彼女から要望がありました。

今から堂々と、この娘のパンチラ写真が撮れるんだ!そう思うと、疲れも多少消えていく感じでした。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 性の悩みへ
にほんブログ村
あなたの応援がうれしいのです。

関連記事

  1. Twitterに溢れる援交希望少女

  2. 出会い系サイトも援交だらけ

  3. 再び出会い系に戻る

  4. コスプレイヤーとはすぐに出会えた

  5. 出会い系を巧く使うよう、多少アタマを使ってみる

  6. コスプレイヤーが入れ食いってホントかよ!?